スリ飯屋MaLankaのフリーエンジニアな日々

IT実務未経験から約1年、東京でフリーランスのRuby on Railsエンジニアに転職。約2年半、大阪中崎町でスリランカカレーの間借りしてました。フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、スリランカの事を発信していきます。

【簡単!?】スキル不足のフリーランスエンジニアが単価を上げる方法


【簡単!?】スキル不足のフリーランスエンジニアが単価を上げる方法


こんにちは、現役沖縄フリーランスエンジニアのmah(MaLanka)です。


このブログでは、

僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、

ノウハウなどを書いていきます。


今回は、


  • 【簡単!?】スキル不足のフリーランスエンジニアが単価を上げる方法


について書いていきます。




フリーランスエンジニアの皆さんは、

こんな悩みや不安を持っていませんか?


「スキル不足でも、手っ取り早く単価を上げる方法ってないのかな・・・」

「フリーランスエンジニアって、スキル不足で案件をクビになったら終わりなのかな・・・」

「単価を上げるには、ひたすら技術の勉強をしたり、地道に経験を積んでいくしかないの・・・?」


といった感じ。




そもそもこれは、

自分が抱えていた悩みや不安でした・・・




しかし、

「スキル不足のフリーランスエンジニアが単価を上げる方法」を、

自分なりに見つけることができたので、

今回の記事にしました。




この記事を読めば、


  • 「スキル不足だけど、単価を上げたい!」


という、

「欲張りなフリーランスエンジニアさん」の悩みや不安を解決できますので、

ぜひ最後まで読んでいってくださいね★




【簡単!?】スキル不足のフリーランスエンジニアが単価を上げる方法





【結論】一度、クビになりましょう


もしスキル不足なら、

無理して現在の案件にしがみつくのではなく、

一度、クビになりましょう。


そして、



これでOKです。




クビになって、案件を変えた方がいい理由


クビになって、案件を変えた方がいい理由を説明します。


これは、

たとえスキル不足だとしても、

クビになった案件で経験したことは、

全て自分の経験にプラスされるからです。


そしてそれは、

単価を上げる交渉のネタにすることができます。




基本的に、

「今いる案件で単価を上げるのは難しい」と考えておきましょう。




なぜなら、

単価を上げるためには、

今より多くの成果を出す必要があるから。


つまり、

「単価を上げるための理由が必要だから」です。




自分から「単価を上げてください」なんて言うのは、

相当なプレッシャーですよね?笑

(僕にはできません笑)




そんな不利な状況で交渉するよりも、


  • 「前の案件では〇〇万円くらいだったので、最低〇〇万円 + △万円程度を希望します」


という交渉をして、

次の案件で単価を上げるほうが合理的です。




フリーランスエージェントのマージン(手数料)にもご注意


また、

案件自体の単価だけでなく、

「フリーランスエージェントに支払うマージン(手数料)」も、

手取りの金額に大きく関わってきます。


マージン(手数料)が5%のフリーランスエージェントもあれば、

15%のところもある。




例えば、

「あなたの単価が70万円の場合の手取り」を考えてみましょう。


  • 5%のマージンなら、35000円引かれて手取りは66万5000円

  • 15%のマージンなら、10万5000円引かれて手取りは59万5000円

  • 25%のマージンなら、17万5000円引かれて手取りは52万5000円


こういう結果になります。


全然違いますよね?


そもそも、

「マージン(手数料)が非公開のフリーランスエージェント」もザラにあります。




あなたがもし、

マージン(手数料)に気を払っていなかったとしたら、

フリーランスエージェントに搾取されている可能性があります。


逆に、

フリーランスエージェントのマージン(手数料)を下げることができれば、

その分あなたの手取りはUPします。(効率よく単価を上げる裏ワザです)


このように、

案件とフリーランスエージェントのマージン(手数料)両方の観点から、

フリーランスエンジニアの単価を上げるチャンスはあるのです。




下記の記事で、

マージン(手数料)の低いフリーランスエージェントTOP3をまとめていますので、


  • 「絶対搾取されたくない!」

  • 「手っ取り早く、効率よく単価をUPさせたい!」


という方はご覧ください★


www.malanka.tech


また、

フリーランスエージェントにカモられないために絶対注意すべき6つのコト

についても下記へまとめていますので合わせてご覧ください。


www.malanka.tech




他に、クビになって案件を変えることのメリットはある?


クビになって案件を変えて得られるメリットは、

単価面だけではありません。




諸々の労働条件を、より良く改善するための良い機会になる


精算幅や勤務時間、

業務内容や仕事のやりがいなど、

諸々の労働条件を、より良く改善するための良い機会なのです。




例えば、


  • 「週5で案件入ってるけど、週3か週4くらいにして自分の時間を増やしたいな・・・」

  • 「このプロジェクトもだんだん飽きてきたな・・・」

  • 「もっと刺激のある案件に入りたいな・・・」


こんなことを思い始めたら、

案件を変えるタイミングが来ています。




単価と労働環境を同時に改善できるチャンスなので、

案件やフリーランスエージェントはよく吟味して決めましょう。




まとめ


  • 【簡単!?】スキル不足のフリーランスエンジニアが単価を上げる方法

をまとめます。


スキル不足なら、一度クビになろう

マージン(手数料)の低いフリーランスエージェント」を使って、案件を変えよう

クビになった案件での経験を、単価を上げる交渉のネタにしよう(「前の案件では〇〇万円くらいだったので、最低〇〇万円 + △万円程度を希望します」)




最後に


下記の表に、

フリーランスエンジニア向けの人気エージェントをまとめてみました。


エージェント選びで悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね★


エージェント 詳細 最高単価/月 設立
フリエン(furien) 評判をチェック 180万円/月 2011年
ギークスジョブ 評判をチェック 180万円/月 2011年
フォスターフリーランス 評判をチェック 230万円/月 1996年
pe-bank(pebank) 評判をチェック 200万円/月 1989年
Midworks(ミッドワークス) 評判をチェック 200万円/月 2013年
レバテックフリーランス 評判をチェック 140万円/月 2005年




あわせて読みたい


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech









あなたもフリーランスになってみませんか?