スリ飯屋Malankaのフリーエンジニアな日々

IT実務未経験から約1年、東京でフリーランスのRuby on Railsエンジニアに転職。約2年半、大阪中崎町でスリランカカレーの間借りしてました。フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、スリランカの事を発信していきます。

【週3案件豊富 正社員並の保証】Midworksを使ってみた感想

【週3案件豊富 正社員並の保証】midworksを使ってみた感想

こんにちは、mahです。

このブログでは、僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、ノウハウなどを書いていきます。

今回は、フリーランスエージェントの、Midworksさんを使ってみた感想 についてです。


Midworksさんと言えば、

  • 週2、3案件、リモート案件が豊富

  • フリーランスでありながら、正社員並の保証が得られるので非常に安心

と、かなり評判のエージェントです。


Midworks 〜正社員でフリーランスなエンジニアライフ〜


本当の所どうなのか、実際にMidworksさんに面談に行ったので説明していきます。


まずはメリットとデメリットをご覧ください。

Midworksのメリット

説明する女性エージェント

1. マージン(仲介料)を公開している

2. 業界トップクラスの、圧倒的な低マージン

3. 参画先への交通費を、月1万5000円まで支給してくれる

4. 書籍代を月1万まで支給してくれる

5. 週2、週3、リモート案件が豊富

6. 給与保証制度で、案件見つからない時でも単価の80%支給


Midworksのデメリット

考えるビジネスマン

1. ある程度の実務経験が必須

です。


順番に解説していきます。


注目すべきメリット1: マージンを公開している

握手をするビジネスマン


ほとんどのエージェントは、マージンを公開していません。

なので、エンジニアは 実際の単価 から、いくらマージンを差し引かれているのかわからない状態 だということです。

ブラック極まりない...笑


例えば、月80万の単価だったとしても、マージンで40%差し引かれていたら48万しか受け取れません。


こんなの到底納得できないですよね笑

でも、Midworksさんはこのマージンを公開しているので、

  • 信頼出来る

  • 自分の市場価値がはっきりわかる

  • 適切な報酬額を受け取れる

というメリットがあります。


注目すべきメリット2: 業界トップクラスの、圧倒的な低マージン

お金を稼ぐ子供


マージンの額はピンキリですが、業界のベースでは25%〜30%、高いところでは 30%〜40% の所もあると聞きます...


そんな中、Midworksさんは 10%〜15% と良心的★

※ 下記Midworksのサイトから引用

常駐型フリーランスのエージェント経由で受注する案件は、クライアントからエージェントへの発注金額はブラックボックスであることが多く、そのマージン率は25%~30%と言われています。マージン率が非公開であることで、クライアントからの期待値と実際のパフォーマンスに乖離が起こりミスマッチとなってしまったり、自分自身の適正な市場価値を把握しにくいのが業界の現状です。

Midworksでは、フリーランスの皆様に適正な市場価値を把握していただくために、クライアントからMidworksへの発注金額を公開しており、透明性を担保した上で安心してお仕事を受注していただくことができます。マージン率は各種保障を組み合わせると実質10%~15%と業界トップクラスの低マージン率を実現しています。


  • マージン公開

  • 圧倒的低マージン

これなら安心して案件に参画できますね。


注目すべきメリット3: 参画先への交通費を、月15000円まで支給

フリーランスは基本的に全て自分で諸々の経費をまかないます。

なのに、交通費を支給してくれる...嬉し過ぎますね笑


実質、

  • 単価 + 交通費(¥15000-)

と何も変わりません。笑


賢く自分の収入をUPさせる方法 だと思いますね。


注目すべきメリット4: 書籍代を月1万まで支給してくれる

こちらも交通費と同じく支給してくれます。


実質、

  • 単価 +¥10000-

ですね。


交通費と合わせると 月+¥25000- の支給額。

保証が手厚過ぎです...笑


注目すべきメリット5: 週2、週3、リモート案件も豊富

PCを触る女性の手

ここも特徴ですね。


当然、実務経験は求められるのですが、もし週2、3やリモート案件に参画出来たら、

  • 空いた時間でゆっくり出来る

  • 自分の別の事業に取り組める

  • スキルUPのための時間を確保出来る

など、生き方に幅が広がります。


よりフリーランスらしい働き方が出来ますね。

注目すべきメリット6: 給与保証制度で、案件見つからない時でも単価の80%支給

Midworks案件が見つからない場合でも、単価の80%を支給してくれます。


※ 下記Midworksからの引用

Midworksでは、万が一お仕事が途切れてしまった際のための給与保証制度がございます。 給与保証制度を適用している方は、お仕事が万が一見つからなかった際にも月額契約単価の80%を日割りで受け取ることができます。


ただ、営業さんに聞くと条件が2つあるとのことでした。


条件1. 案件を探している状態であること

カップルで旅行


旅行中とかはダメ笑

まあそうですよねw

これがOKならみんな同じことしますね笑


条件2. 他のエージェントを使っていないこと

握手をする複数のビジネスマンのシルエット

これも当然ですね。


Midworks的に、

「給与保証したのに他のエージェントで案件決まった」

みたいなことになったら損しかないので笑


ただ、フリーランスの旨味として、

  • 沢山の案件の中から、参画したい案件を選べる自由

というのがあるので、そこを最大限享受できないのは痛いところです。


大手のエージェントであるレバテックフリーランスギークスジョブは、保有している案件数が豊富なので、案件の母数を増やせるからです。ただ、実務経験1年程度だと断られる場合が多いようです。


なので、

  • 初めてのフリーランス

  • 実務経験が1年弱で、案件獲得がまだ不安定

  • 絶対に収入を途切れさせたくない!

こういった人は給与保証のメリットを最大限享受出来ると思います。


だんだん経験を積んでいけば、入れる案件も増えてくると思うので、

「何が何でも給与保証!」

みたいな感じはなくなっていくと思いますね。


注目すべきデメリット1: ある程度の実務経験が必須

実力のない、三角座りをするビジネスマン


営業さんに聞くと、

  • 実務経験1年以上は欲しい

とのことでした。


ただ、

  • 「ポテンシャル次第ですね〜」

とのことだったので、

  • 未経験や実務経験1年未満の方

でも相談してみる価値は十分あります。


実際、自分は実務経験1年あるかないかくらいの時期に利用させて頂き、案件を探してくれました。


(最終的に、自分は別のエージェントさんの案件にどうしても参画したく、そちらで決めたため、Midworksさん経由ではありませんでしたが...)


最後に、Midworksさんと他のエージェントさんとの比較表を作ったので、参考までにご覧ください★


Midworksと他のエージェントの比較表

*横にスライド可

エージェント名 支払いサイト(報酬振込日) 案件保有数 案件の種類 特徴 マージンの公開
❶ギークスジョブ 25日(月末締め翌15日支払い) 非公開 常駐週5メイン
  • レンタルサーバーやクラウドサービスの割引
  • スキルアップの学習支援
  • セミナーの優先招待
  • 人間ドッグの受診割引など
  • 非公開
    ❷エミリーエンジニア 30日(月末締め翌月末日支払い) 非公開 常駐メイン
  • 利用者の4人に1人が、はじめてのフリーランス
  • 利用者の5人に1人が、年収1000万以上
  • 平均年収819万円
  • フリーランスでも利用出来る福利厚生(補償制度や健康診断など)
  • 非公開
    ❸レバテックフリーランス 15日(月末締め翌15日支払い) 常時1100件以上 常駐メイン
  • 業界最大手
  • ベンチャー案件が豊富
  • エンジニア勉強会の開催
  • Lineでのスムーズなやりとり
  • 非公開
    ❹フォスターフリーランス 10日(月末締め翌10日支払い) 5000件以上(非公開案件含む) 常駐週5メイン
  • 業界20年の老舗
  • 15,000人以上のフリーランスITエンジニアが登録中
  • 常時5000件以上の案件保有
  • ITエンジニアのためのセミナーやイベント開催
  • 非公開
    ❺Midworks 20日(月末締め翌20日支払い) 非公開 週5に加え、週3やリモートも豊富
  • 業界屈指の低マージン(10〜15%)
  • マージンを公開してくれるという安心感
  • 正社員同等の福利厚生
  • 交通費や書籍代の支給有
  • 10〜15%(公開)


    まとめ

    Midworksさんを利用すべき理由

    POINTと書かれた紙

    1. マージン(仲介料)を公開している

    2. 業界トップクラスの、圧倒的な低マージン

    3. 参画先への交通費を、月1万5000円まで支給してくれる

    4. 書籍代を月1万まで支給してくれる

    5. 週2、週3、リモート案件が豊富

    6. 給与保証制度で、案件見つからない時でも単価の80%支給

    7. ある程度の実務経験は必須


    こんな感じですね。


    ぜひMidworksさんで、正社員でフリーランスなエンジニアライフを送ってみませんか?

    Midworksに話を聞きに行ってみる



    以上、Midworksさんを使ってみた感想 でした。


    • フリーエンジニアに興味を持っている方

    • 今まさに活動している方

    の参考になれば幸いです。


    このブログでは、僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、ノウハウなどを書いています。

    • 「フリーエンジニアになりたい!」

    という方は、下記の記事で、

    • 【必読】未経験からフリーランスエンジニアになるため必要な5つの行動

    • 【実体験】高卒文系が1年でRailsのフリーエンジニアになった話

    • 【10倍効率化!?】プログラマの作業が鬼捗る【8つのグッズ】

    • 【好印象】フリーエンジニアのスキルシートの書き方5つのポイント

    を紹介していますので、よかったらチェックしてみてください。

    全て実体験 です。

    www.malanka.tech

    www.malanka.tech

    www.malanka.tech

    www.malanka.tech


    最後までお読み頂きありがとうございました★

    もしよかったらTwiiterのフォローもお願いします★