スリ飯屋Malankaのフリーエンジニアな日々

IT実務未経験から約1年、東京でフリーランスのRuby on Railsエンジニアに転職。約2年半、大阪中崎町でスリランカカレーの間借りしてました。フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、スリランカの事を発信していきます。

【Rails Jets】.envファイル内で、別の環境変数を参照する方法

【Rails Jets】.envファイル内で、別の環境変数を参照する方法


こんにちは、mah(@RailsRubyMah6h)です。


このブログでは、僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、ノウハウなどを書いていきます。


今回は、

  • .envファイル内で、別の環境変数を参照する方法

についてです。


.envファイルとは


.envファイルは、

環境変数を管理する時に使うファイルです。


Railsの場合、dotenv-rails というgemをインストールして使います。

github.com


.envファイル内に、同じ記述を何度もするのは冗長なので、

変数展開を使って参照しましょう。


結論


${} で囲めばOKです。


${HOGEHOGE} みたいにすれば、

ファイル内の別の環境変数を参照できます。



CHROME_DRIVER_EXECUTE_PATH という環境変数の中で、

GEM_PATH という環境変数を参照して使いたい**

というケースを想定。


.envファイルに、下記の様に書けばOKです。

# .env

GEM_PATH=/var/task/vendor/bundle/ruby/2.5.0

# GEM_PATHを参照する
CHROME_DRIVER_EXECUTE_PATH=${GEM_PATH}/bin/chromedriver


検証


Jets(Rails)コンソールで確認します。

$ be jets c
Jets booting up in development mode!
irb(main):001:0> ENV['GEM_PATH']
=> "/var/task/vendor/bundle/ruby/2.5.0"

irb(main):002:0> ENV['CHROME_DRIVER_EXECUTE_PATH']
=> "/var/task/vendor/bundle/ruby/2.5.0/bin/chromedriver"


このように、

CHROME_DRIVER_EXECUTE_PATH の中で、

  • GEM_PATH(/var/task/vendor/bundle/ruby/2.5.0)

が展開されていることがわかります。




以上、

  • .envファイル内で、別の環境変数を参照する方法

でした。



このブログでは、僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、ノウハウなどを書いています。


  • フリーランスに興味がある

  • 今まさに活動している

という方は、下記の記事で、

  • 【実体験】高卒文系が1年でRailsのフリーエンジニアになった話

  • 【週3案件豊富 正社員並の保証】フリーランスエージェントMidworksを使ってみた感想

  • 【10倍効率化!?】プログラマの作業が鬼捗る【9つのグッズ】

を紹介していますので、よかったらチェックしてみてください。


www.malanka.tech

www.malanka.tech

www.malanka.tech






また、

駆け出しエンジニアに向けてのnoteを3月17日にリリースしました。

note.com


活躍出来るエンジニアになるためのマインドを、

ギュッと詰め込んだ、「実践型note」になってます。


  • 「IT転職を成功させたい!」

という方は是非チェックしてみてください。






最後までお読み頂きありがとうございました★

もしよかったらTwiiterのフォローもお願いします★