スリ飯屋MaLankaのフリーエンジニアな日々

このブログでは、フリーランス5期目となる自身の実体験から、フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、ブログや沖縄移住、スリランカの最新情報について発信します。

40代、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント

※記事内に提携先企業のアフィリエイト広告(リンク、バナー等)、Google広告を含む場合があります

40、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント


こんにちは、現役沖縄フリーランスエンジニアのmahです。


今回は、

  • 40代、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント

です。


40、50代以上のシニアフリーランスの方は、案件を探す上でこんな不安や悩みを持っていませんか?

「年齢による差別や偏見を感じるなあ....そりゃシニア世代より、若い優秀なフリーランスを選びたくなるのはわかるけど」

「周りが若手ばかりの案件はメンタル的にしんどい....ベテラン層でも気持ちよく働ける案件ってどう探せばいいのかな」

「20代、30代に比べて、体力的に仕事がしんどくなってきたなあ。」

「新しい技術やツールがどんどん出てきて、正直キャッチアップがしんどいなあ。この先やっていけるんだろうか」

といった感じ。


何もこれは、40代、50代のシニア世代だけに関係がある悩みではありません。

今は20代、30代の若手フリーランスの方も、いずれは年齢を重ねてシニア世代に突入するため、決して人ごとではないのです。


本記事では40代、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェントを紹介します。

現在シニア層で案件探しに悩んでいるフリーランスの方、「そのうち自分もシニア世代に突入するしな...」と情報収集したい方はぜひチェックしてください。

40代、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント

1. フリエン(furien)

40、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント1つ目、フリエン(furien)です。

2023年11月9日現在、フリエン(furien)には、「40代活躍中」「50代活躍中」の案件が2457件あります。

フリエン 40代、50代活躍中の案件


フリエン(furien)については下記の記事で解説しています。

www.malanka.tech

2. フリコン

40、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント2つ目、フリコンです。


フリコンの運営元である、株式会社ヘルスベイシスの河下様にインタビューしました。

「ヘルスベイシス様で案件のご紹介が可能な年代は、だいたい何歳から何歳くらいまででしょうか?」

「下が25歳〜上は68歳まで事例はございます。」

「特に強みのある年代などはありますでしょうか?」

「特に強みとしては50代となります。
業務系案件(VB.net,C#、covbolなど)も非常に多く保有しているため、弊社はそういった方々が一番ボリュームゾーンです!」

「40代〜50代が可能な案件数はどのくらいあるのでしょうか?」

「常に毎月2000案件程度は動いておりまして、その中から40代〜50代が可能な案件は7-8割ございます!」

「なるほど。40代、50代になっていくとどんな言語でも仕事が取りにくくなる印象ですが、実際どうなのでしょうか?」

「WEB系は若い人を希望する案件が多いですが、業務系は40代、50代であれば問題ございません。」

年齢では25歳〜上は68歳までで、業務系案件(VB.net,C#、covbolなど)も豊富(40代〜50代だと約1400〜1600件)とのことでした。

50代向けの案件は特に強みがあるので、シニア世代のフリーランスはフリコンをチェックしておきたいところ。

WEB系は若い求人が多いけれども、業務系は40代、50代なら問題ないという点も安心ですね。

フリコンについては下記の記事で解説しています。

www.malanka.tech

3. geechs job(ギークスジョブ)

40、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント3つ目、geechs job(ギークスジョブ)です。

2023年11月9日現在、geechs job(ギークスジョブ)には、「ベテラン歓迎」の案件が2923件あります。

ギークスジョブ ベテラン歓迎の案件


geechs job(ギークスジョブ)については下記の記事で解説しています。

www.malanka.tech

4. AKKODiSフリーランス

40、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント4つ目、AKKODiSフリーランスです。

2023年11月9日現在、AKKODiSフリーランスのシニア・定年層歓迎の案件は172件です。

freelance.akkodis.co.jp

5. 60代エンジニア.com

40、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント5つ目、60代エンジニア.comです。

60sengineer.com

6. SEES

40、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント6つ目、SEESです。

miraie-group.jp

7. テックシニアフリーランス

40、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント7つ目、テックシニアフリーランスです。

テックシニアフリーランスです

8. エイジレスフリーランス

40、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント8つ目、エイジレスフリーランスです。

freelance.ageless.co.jp

9. エンジニアファースト

40、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント9つ目、株式会社無限が運営するエンジニアファーストです。

engineerfirst.jp

codezine.jp

10. エンジニアファクトリー

40、50代以上のシニア向け案件があるフリーランスエージェント10つ目、東京都港区赤坂のアイムファクトリーが運営するエンジニアファクトリーです。

www.malanka.tech

40、50代以上のシニアフリーランスに対するリアルな声

ここで、40、50代以上のシニアフリーランスに対するリアルな声を紹介します。

シニア世代のフリーランスの方はぜひ参考にしてみてください。

フリーランスの案件とか、もう少し年齢の縛りゆるくしてもよい気はする

企業の終身雇用なんて実質崩壊してるから、いたしかたない部分はある。 ただ、技術があってまだ働けるシニア世代の受け入れ先が充分でないのは、もったいないなぁ。フリーランスの案件とか、もう少し年齢の縛りゆるくしてもよい気はする。

https://x.com/someone7140/status/1247227050475147264?s=20

シニア専門→案件Cobol以外数がないのにどうする?

フリーランスを集めようと各社躍起。①「エンドとフリー直契約」→エンドがそこそこ大手なら与信の問題等で直契約出来ません。エンドから手数料〇〇%もらうのもどうでしょうか。②シニア専門→案件Cobol以外数がないのにどうする?③週2、3日案件多数→コンサル、デザイン、ゲーム以外は案件ほぼ無い?

https://x.com/4YKAZur4W5Wfoy1/status/1602102143435300864?s=20

50歳や60歳を過ぎても活躍されている方はいます。要は実力次第ですかね

仕事柄、独立/フリーランスを考えてる方から、シニアになっても案件があるかと聞かれます。私のフリーランス時代の2006年頃に比べると、マッチング事業者も多種多様に増えてかなり様相は変わってますが、50歳や60歳を過ぎても活躍されている方はいます。要は実力次第ですかね。

https://x.com/munekanai/status/1522507683257274368?s=20

シニアフリーランスの実態調査、2022年の案件単価は「40万~50万円未満」、案件の獲得状況は年代が上がるにつれ獲得しにくい

シニアフリーランスの実態調査結果

Miraieはシニア層(40~60歳代)のフリーランスエンジニアの仕事獲得に関する実態を調べ結果を発表
案件単価は「40万~50万円未満」が最も多く
案件の獲得状況は年代が上がるにつれ獲得しにくい傾向

https://x.com/moveitAcronet/status/1514438291558309894?s=20

シニアエンジニアの単価のボリュームゾーンが2023年には50万~60万に上がっている

シニアエンジニアの状況。 単価のボリュームゾーンが
2022年が40~50万
2023年50万~60万に上がっている。
単価の変動は変わらないが増えている。やや減ったが減っている。いい状況。
だが、案件探しには相変わらず苦労している状況が見える。

https://x.com/180wani/status/1713918576137257388?s=20

シニアは何歳からなのか?

ちなみに、シニア世代とは何歳くらいを指すのでしょうか?

「世界保健機関(WHO)では65歳以上を高齢者とすると定義」という情報がありました。

政府内で高齢者の年齢の定義を変更しようという話が出ているようですが、シニア、高齢者の定義に関して、医学的、生物学的な根拠はないという前提で、世界保健機関(WHO)では65歳以上を高齢者とすると定義しています。
また、健康保険組合では65~74歳までを前期高齢者,75歳以上を後期高齢者としています。
さらに、一般的な転職市場では35歳~50代半ばまでがミドル世代、
40代~60代をミドルシニア、
55歳~60歳以上をシニア世代と呼んでいます。
あえて、40代~60代をミドルシニアと定義しているのは不可解ではあり、40代から50代をプレシニアとしたほうがしっくりくる気もしますが……。

シニアは何歳から?からの引用)

s-life-design.or.jp

今後、時代が進むにつれてシニア世代の定義も変わっていくかもしれませんね。