スリ飯屋Malankaのフリーエンジニアな日々

IT実務未経験から約1年、東京でフリーランスのRuby on Railsエンジニアに転職。約2年半、大阪中崎町でスリランカカレーの間借りしてました。フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、スリランカの事を発信していきます。

駆け出しエンジニアはリモートワークか出社するかどっちが良い?

駆け出しエンジニアはリモートワークか出社するかどっちが良い?


〜エージェントをお探しの方へ〜


↓このブログから登録の多い、フリーランス専門エージェントは下記の3つです★(各サイトに飛びます)

【ダントツの1位】フォスターフリーランス【案件保有数5000件以上。業界20年の超老舗】

【僅差で2位】Midworks(ミッドワークス) 【リモート案件が超豊富。正社員並みの保障アリ】

【惜しくも3位】エミリーエンジニア【4人に1人が初めてのフリーランス】





こんにちは、mah(@RailsRubyMah6h)です。


このブログでは、

僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、

ノウハウなどを書いていきます。


今回は、


  • 駆け出しエンジニアはリモートワークか出社するかどっちが良い?


について書いていきます。




リモートワーク普及してますね。


自分も今は絶賛リモートワーク中です。


通勤しないでいいし、

朝もゆっくり始動できるし、

終業した後にすぐ自分の仕事を再開できる。


最高です。




ただ、


  • 「もし、最初の実務の頃から、リモートワークだったら?」


と考えると、


  • 「オフィスに出社して仕事するのも、良い面があったな」


思ったんですよね。




なので今回、

駆け出しエンジニアは、

リモートワークか出社するかどっちが良いのかについて、

書いていきたいと思います。




駆け出しエンジニアはリモートワークか出社するかどっちが良い?




【結論】最初は出社がいいです


最初は出社がいいです。


以前、こんなツイートをしました。





出社のメリットとしては、


  • 周囲で他の人が喋ってることが勉強になる

  • 先輩の放った何気ない一言が、凄いヒントになる

  • 疑問が出た時にすぐ会話が出来る(話しかけていい状態かどうかが見えている)

  • 詰まっていると空気感で周りに伝わるので、フォローしてもらう速度が早くなる


こんな感じ。




周囲の人が喋ってる内容、

始めは意味わからないです笑




ただ、

真面目に実務をこなしていったり、

自分の時間で勉強していると、


  • 「あの人が◯◯◯って言ってたな...」

  • 「△△△って、そういうことか!!!」

  • 「これ、□□□に活かせるかも!」


みたいな感じで、

物事への理解が深まったり、

ひらめきが生まれるんですよ。


実際、

オフィスで耳にした話が、

自分の個人開発へのアイデアに繋がって、

アプリに活きることはよくありました。


思わぬ副産物です。


リモートワークだと、

こういう事はまず発生しないですね。




あと、

リモートワークの弊害だなと思うのが、


  • わからないことがあるけど、文章打つの面倒だから聞かなくていいや


ってなるケース。


僕はたまにあったんですが、


  • 「損してたなあ」


と後から思うのです。




わからないことがある時は、

自分の知識やスキルを向上させるチャンス。


わからないままにするということは、

スキルアップの機会を、

みすみす逃しているということです。




リモートワークは、


  • 通勤しないでいい

  • 朝もゆっくり始動できる

  • 自分の時間を増やせる


といったメリットがありますが、

それよりも最初は、

自分の知識やスキルを高める事を優先した方がいいです。




一人で仕事を回せるスキルを持っていないと、

リモートワークになった時に絶望しますよ。




焦らなくてもいずれ、

リモートワークは出来るようになるので、

まずは、


  • オフィスに出社する => リモートワーク


というステップを踏むのがベターだと、

僕は考えています。




まとめ


  • 駆け出しエンジニアはリモートワークか出社するかどっちが良い ?

をまとめます。


✅ 最初は、自分の知識やスキルを高める事を優先した方がいい

✅ 焦らなくてもリモートワークは出来る

✅ オフィスに出社する => リモートワークというステップを踏むのがベター


です。


自分は、

フリーランスエンジニアとして、

オフィス出社もリモートワークも両方経験しました。




仕事を探す方法としては、

リモートワークで柔軟な働き方がしたいなら、

Midworks(ミッドワークス)というエージェントを使うのがおすすめ。


Midworks(ミッドワークス) 【リモート案件、週3案件が超豊富。正社員並みの保障アリ】

無料でMidworks(ミッドワークス)に登録

(>>※Midworks(ミッドワークス)は無料で利用できます)




反対に、

今回ご説明したように、

コミュニケーションが取りやすいオフィス出社で、

手堅く安定した高単価を狙うなら、

フォスターフリーランスがぴったりです。


フォスターフリーランス【案件保有数5000件以上。業界20年の超老舗】

無料でフォスターフリーランスに登録

(>>※フォスターフリーランスは無料で利用できます)




特に、

Midworks(ミッドワークス)は、

コロナ対策として、

リモート案件特集というイベントを組んでいるので、

「リモートワークしたい!」

という方には絶好のチャンスですよ。


Midworksはコロナ中でも参画できるリモート案件を用意している


alt=Midworksはコロナ中でも参画できるリモート案件を用意している


Midworks(ミッドワークス)のリモート案件特集については、

下記の記事にまとめています。


www.malanka.tech




エージェントについては、

下記の記事でも詳しく解説しています。


www.malanka.tech






以上、


  • 駆け出しエンジニアはリモートワークか出社するかどっちが良い?


でした。




初めての方はこちらのオススメ記事もどうぞ


note.com


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech




【5/1更新: フリーランスエンジニアのデメリットについて、noteを書きました】


今回のコロナで、

参画していたプロジェクトが終了し、被害を受けました。


そこで、

コロナ被害を受けて感じている、

フリーランスエンジニアのデメリット【6つ】について、

noteを書きました。


下記に当てはまる人に、参考になると思います。

現在、フリーランスエンジニアとして生きている人

今からフリーランスエンジニアになろうとしている人

フリーランスエンジニアだが、コロナの影響で仕事が途絶えた人


note.com







最後までお読み頂きありがとうございました★

もしよかったらTwiiterのフォローもお願いします★