スリ飯屋MaLankaのフリーエンジニアな日々

IT実務未経験から約1年、東京でフリーランスのRuby on Railsエンジニアに転職。約2年半、大阪中崎町でスリランカカレーの間借りしてました。フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、スリランカの事を発信していきます。

【沖縄シェアオフィス】L-Base(エルベース)【朝活好きやフリーランス必見】

【沖縄シェアオフィス】L-Base(エルベース)【朝活好きやフリーランス必見】




今すぐ登録したい方へ


このブログから登録の多いエージェントは下記の3つです★

(リンクをクリックすると公式サイトに飛びます)

【ダントツの1番人気】フォスターフリーランス【案件保有数5000件以上。業界25年の超老舗】

【僅差で2位】エミリーエンジニア【4人に1人が初めてのフリーランス】

【惜しくも3位】レバテックフリーランス【業界最大手。素早く手厚いフォローで案件参画】




こんにちは、mahです。


このブログでは、

僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、

ノウハウなどを書いていきます。


今回は、


  • 【沖縄シェアオフィス】L-Base(エルベース)【朝活好きやフリーランス必見】


について書いていきます。




【沖縄シェアオフィス】L-Base(エルベース)【朝活好きやフリーランス必見】


L-Base(エルベース)は、

2020年2月にオープンした、

沖縄本島の宜野湾市にあるシェアオフィスです。


L-Base(エルベース) 入口

L-Base(エルベース) オープンスペース1

L-Base(エルベース) オープンスペース2




L-Base(エルベース)の場所


L-Base(エルベース)は沖縄本島の宜野湾市にあります。


名称:L-Base(エルベース)

住所:〒901-2225 沖縄県宜野湾市大謝名215 レキオススクエア 2-D

電話番号:070-8395-7535

営業時間:毎日 6-24時(後述する「料金プラン」によって、利用可能な時間が異なります)

駐車場:あり

wifi:あり

コンセント:あり


那覇からは基本車で行くと思いますが、

那覇から9kmくらいなので自転車でも行ける距離です。

(自分は那覇の国際通りからクロスバイクで約30分で行けました)


また、

エルベースの近くにはトロピカルビーチという綺麗なビーチがあるので、

帰りに寄ってみるのもおすすめです★




www.ginowankaihinkouen.jp




L-Base(エルベース)の料金プラン


L-Base(エルベース)の料金プランは、


  • フリー会員(ドロップイン利用) 月額無料

  • ライトプラン会員 月額15,000円(税込)

  • スタンダードプラン会員 月額:30,000円(税込)


の3つがあります。

(L-Base(エルベース)からの引用)


L-Base(エルベース) 料金プラン


  • フリー会員(ドロップイン利用) 月額無料
  • まずは無料で始めよう! 土日:10:00〜20:00
    1時間あたり500円(税込)
    ※2時間から利用可能

  • 個室【定員2〜6名】要予約
    1時間あたり1,500円(税込)

  • 貸し切り【最大20名】要予約
    3時間15,000円→12,000円(税込)




  • ライトプラン会員 月額15,000円(税込)
  • 平日夜と土日にしっかり作業!
    平日:18:00〜24:00
    土日:8:00〜24:00

  • 会議室【定員2〜6名】(9:00〜23:00)
    1時間あたり1,500円→1,000円(税込)

  • 貸し切り【最大20名】(9:00〜21:00)
    3時間15,000円→10,000円(税込)




  • スタンダードプラン会員 月額:30,000円(税込)
  • 毎日の仕事場として活用!
    平日&土日:6:00〜24:00

  • 会議室【定員2〜6名】(9:00〜23:00)
    1時間あたり1,500円→1,000円(税込)
    +月5時間分無料で利用可能

  • 貸し切り【最大20名】(9:00〜21:00)
    3時間15,000円→10,000円(税込)

  • プロジェクター貸出無料(事前予約要)

  • 登記OK!




まずはドロップイン利用で試してみて、

気にいったら月額会員になるのが良いです。

(自分も数回ドロップインで使ってから、月額のライトプラン会員になりました)




その他、

L-Base(エルベース)はセミナースペースとしても利用できます。

(完全予約制 / 月額会員以外も利用可能)


L-Base(エルベース) セミナースペース




また、

2021年4月中は、

朝6時から9時までの3時間、

なんとL-Base(エルベース)は無料開放されていました。

(太っ腹過ぎ!!!)





自分のような朝活好きには最高の企画でした。

(朝日が眩しい🌄)

f:id:mah666hhh:20210513081027j:plain




カフェのような変な混み方をしてないので超快適◎◎◎◎◎。




朝6時に行って、

そのまま夜の22時まで14時間ドロップインで居たこともありました笑





残念ながら、

無料開放は4月で終了しましたが、

今後曜日限定や、有料、時間帯を変えての再開を検討中のようです。



  • 「快適な空間で朝活したい!」

という方は、

エルベースの最新情報をチェックしておきましょう。


  • Twitter L-Base(エルベース)

twitter.com


  • Twitter コータさん(スタッフ)

twitter.com


  • Twitter ミオさん(スタッフ)

twitter.com


  • Instagram L-Base(エルベース)

L-Base(エルベース)


  • L-Base(エルベース) ホームページ

l-base.net




L-Base(エルベース)の特徴


L-Base(エルベース)の特徴は、


  • 「新しいものを生み出すためのチャレンジが出来る場所」

  • 「L-Base(エルベース)自体が、現在進行形で進化し続けている」

  • 「L-Base(エルベース)のスタッフと会員さんの繋がりが強い」


という所。




例えば、

月額会員さんのセミナーを、チャレンジ期間として無料で開催したり、

飲食店を始める人がお試し価格で販売してみたり、

L-Base(エルベース)のスタッフと会員さんとの連携で、新しい企画が生まれたり。





L-Base(エルベース)のスタッフと会員さんが一緒になって、


  • 「自分自身やL-Base(エルベース)をもっと良くしていこう、新しいものを生み出そう」


と日々試行錯誤しています。

(ファミリー全体で成長していこうという感じです)




これまで自分はコワーキングスペースやシェアオフィスに対して、


  • 「作業場所」

  • 「場所を貸して終わり」

  • 「個人個人で作業するだけなので繋がりは生まれない」


というイメージを持っていました。




しかしL-Base(エルベース)を見て、


  • 「新しいものを生み出すためのチャレンジが出来る場所なんだな」

  • 「コワーキングスペースやシェアオフィスも現在進行形で進化し続けているんだな」

  • 「スタッフと会員さんの繋がりが強いんだな」


と印象が変わりました。


ぜひ、

L-Base(エルベース)のドロップインやセミナースペースを活用して、

新しいことにチャレンジしたり、

新しい繋がりを作ってみてください。




L-Base(エルベース)の月額会員になるメリット

f:id:mah666hhh:20210406193522p:plain


L-Base(エルベース)の月額会員になるメリットは、


  • セミナースペースの貸切料金が安くなる

  • プロジェクターが借りれる

  • 登記ができる


など色々ありますが、


  • 「出入りが自由なので、1日の充実感をバク上げできる」


のが最大のメリットかなと思っています。




スタンダードプランなら毎日6-24時利用可能、

ライトプランなら平日18-24時と土日6-24時利用可能なので、

この時間内なら自由に出入りできるんですよね。




自分の場合は土日に、


  • 朝6時に来て昼前まで朝活する

  • 昼ごはんとサックス練習で夕方まで抜ける

  • 夜に戻ってきてまた少し作業して帰る


みたいな使い方をしていて、

1日の充実感をバク上げしています★




特に、


  • 「夜に戻ってきてまた少し作業して帰る」


ができるのが本当に嬉しいんですよね。




1日中ぶっ通しで勉強やら作業するのは集中切れるしつまらないですよね?


かと言って、

完全にOFFにして遊びに行ったり趣味を楽しむか?と言われると、

ちょっとは勉強や作業もしたい。


  • 「じゃあ、合間に別で気分転換してリセットすればいいんじゃね?」

ってことでこのスタイルになっています。




今まで大阪や東京にいた時は、

夜にカフェやHubというバーに作業しに行ってたのですが、

今は何たらウィルスのせいでお店が開いてないので、

「前より夜の時間を上手く使えてないなー」と困っていました...


自分はライトプラン会員なので終日利用できるのは土日だけですが、

平日の昼間はそもそも家から出ないので不要。


今の自分のライフスタイルとライトプランはかなりマッチしていて、

とってもお得なメリットだなと感じています。




コワーキングスペースやシェアオフィスを使う上で、

「作業や勉強が捗るかどうか」はもちろん重要ですが、


  • 「1日の充実感がUPしそうか?」

  • 「自分のライフスタイルを底上げできるかどうか?」


という観点で見てみるのも面白いですよ。


L-Base(エルベース)の月額会員に興味がある方は、

SNSやホームページでチェックしてみてください。

(月額会員には人数制限があるため、既に募集を締め切っている場合があります)




L-Base(エルベース)の月額会員になるデメリット

f:id:mah666hhh:20210406195013p:plain


月額会員になるデメリットは特にありません。


強いて言えば、


  • 「月額料金がかかるから、その分元を取らないといけない」


という精神がどこかで働くので、

「縛られている感」が生まれるのがデメリットかもしれません...


それが嫌な方はドロップイン利用するか、

まず1ヶ月だけ月額会員を試してみて、

「気持ち的にしんどいな...」と思った時点で解約すればいいです。


「行かないといけない」のは辛いだけですからね。


気軽にドロップインで利用しましょう。


ただ、

月額会員優先利用のため、

ドロップイン利用を断られる可能性もあるのでそこは注意してください。







L-Base(エルベース)以外のコワーキングスペースやカフェ


フリーランスだったら色んな場所で仕事したいですよね。


そんな方のために、

L-Base(エルベース)以外のコワーキングスペースも紹介しておきますね。


那覇にも「C.O.L(CREATE OWN LIFE)」というコワーキングスペース(シェアオフィスと同じ感じです)があります。


下記の記事でC.O.L(CREATE OWN LIFE)について詳しく解説しているので、

興味があればチェックしてみてください★


www.malanka.tech




また、


  • 「コワーキングスペースとかシェアオフィスって何か苦手...」

  • 「普通にカフェで仕事したり朝活がしたい...」


というフリーランスの方もいるかも知れません。

(実際僕もどちらかというとカフェの方が好きです)


そんな方のために、

沖縄で朝7時から営業してるカフェ」をまとめてみました。


下記の記事で紹介しているので、

「コワーキングスペースは苦手だけどカフェは大好き!」

という方はぜひのんびりしっかり作業してみてください。


www.malanka.tech




まとめ

f:id:mah666hhh:20200925090023p:plain


  • 【沖縄シェアオフィス】L-Base(エルベース)【朝活好きやフリーランス必見】

をまとめます。


✅ L-Base(エルベース)は2020年2月にオープンした宜野湾市にあるシェアオフィス

✅ L-Base(エルベース)の料金プランは下記の3つ
  - フリー会員(ドロップイン利用) 月額無料
  - ライトプラン会員 月額15,000円(税込)
  - スタンダードプラン会員 月額:30,000円(税込)

✅ L-Base(エルベース)の特徴
  - 新しいものを生み出すためのチャレンジが出来る場所
  - L-Base(エルベース)自体が、現在進行形で進化し続けている
  - スタッフと会員さんの繋がりが強い

✅ L-Base(エルベース)の月額会員になるメリット
  - 1日の充実感をバク上げできる
  - セミナースペースの貸切料金が安くなる
  - プロジェクターが借りれる
  - 登記ができる

✅ L-Base(エルベース)の月額会員になるデメリット
  - 「月額料金分の元を取るために行かないといけない感」が生まれる


以上です。


もしL-Base(エルベース)以外で、


  • 「沖縄で朝活できるカフェやコワーキングスペースが知りたい!」


という方は、

下記の記事にまとめていますのでチェックしてみてください。


www.malanka.tech


www.malanka.tech




最後に


下記の表に、

フリーランスエンジニア向けの人気エージェントをまとめてみました。


エージェント選びで悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね★





あわせて読みたい


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech




最後までお読み頂きありがとうございました★

もしよかったらTwiiterのフォローもお願いします★