スリ飯屋Malankaのフリーエンジニアな日々

IT実務未経験から約1年、東京でフリーランスのRuby on Railsエンジニアに転職。約2年半、大阪中崎町でスリランカカレーの間借りしてました。フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、スリランカの事を発信していきます。

コロナ切りでフリーランスエンジニアの案件が終了し、1ヵ月経った感想

コロナでフリーランスエンジニアの案件が終了して、1ヵ月経った感想




今すぐ登録したい方へ


このブログから登録の多いエージェントは下記の3つです★

(リンクをクリックすると公式サイトに飛びます)

【ダントツの1位】フォスターフリーランス【案件保有数5000件以上。業界20年の超老舗】

【僅差で2位】Midworks(ミッドワークス) 【リモート案件が超豊富。正社員並みの保障アリ】

【惜しくも3位】エミリーエンジニア【4人に1人が初めてのフリーランス】




こんにちは、mah(@RailsRubyMah6h)です。


このブログでは、

僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、

ノウハウなどを書いていきます。


今回は、


  • コロナ切りでフリーランスエンジニアの案件が終了し、1ヵ月経った感想


について書いていきます。


コロナ切りでフリーランスエンジニアの案件が終了し、1ヵ月経った感想



1、エンジニアとしてのスキルアップ速度が鈍化する

頭を抱える男性社員


案件に入っているときは、

大抵の場合は定時で8時間、

業務のコードを触ったり設計をしたりする時間があるわけです。


おかげで、

特に何も考えずとも、

実務をしっかりこなしていくだけでスキルが上がっていく。


ある意味ボーナスタイムです。


でも、

案件に参画していないときは、

自分で考えて勉強するなり開発するなりして、

スキルを上げていかないといけない。


簡単そうですが、

これってまあまあ難しいことです。


技術自体が好きで、探究心があったり、

よっぽど夢中で作ってるサービスがあるなら別ですが。


一応自分は、

AWSの資格をとったり、

まだ使ったことのないAWSのサービスで簡単なアプリを作るなどして、

スキルアップを図っていますが、

やはり実務の感じとは違うので、

どこか物足らなさを感じたり、

実務で使うかどうかわからないことを学ぶのは不毛だし、

自己満足だなと思ってしまいます。


なので、

フリーランスエンジニアとしてやっていくなら、

極力、案件を途切れさせないようにしないと、

エンジニアとしての成長スピードは鈍化すると感じています。


2、勉強に打ち込むか、エンジニア以外の仕事や趣味が無いと病む

頭を抱えるPCを触る女性


ガッツリと時間が空くので、

勉強したり、

別の仕事や趣味が無いと、

余計なことを考えてしまって気持ちが病んできます。


僕は今回のことで、

ブログやアフィリエイト、

noteに今まで以上に注力するようにしています。


技術の勉強や開発も少しはやっていますが、

エンジニアという働き方に依存する危険性を痛感したし、

サービス作りは好きだけど、

「技術が好きで仕方ない」という感じでもないので、

エンジニアとしての勉強だけをやっておこうとは思わないからです。


  • 案件をくれるIT企業が予算をカットしたり、

  • 酷いときには倒産したり、

  • IT企業に問題はなくても取引先がシステム開発を発注しなくなったり。

こんな風に、色んなリスクが潜んでいます。


こういうリスクがあるので、

これからは、

1つの手段にこだわらず、

いろんな方法で収入源を確保しておく必要性があると感じています。


もちろん、


  • エンジニアとしてのスキルに特化して磨いていく


という選択肢もアリです。


替えが効かないくらい優秀なエンジニアになれば、

案件が途切れるという不安からは解放されます。


ただ僕は、

次々に新しい技術が出たり、

優秀な若手がどんどん入ってくるIT業界だけで戦い続けるのは、

少し分が悪いし、しんどいなと思っています。


なので、


  • エンジニア以外の収入源を今から確保しておく


これが大事だなと考えています。




話が逸れましたが、要は、

案件が無くなった時に、

何かしら、自分が打ち込めるものを見つけておかないと、


  • 単に気持ちが沈むだけの期間になりかねない


ということです。


ふいに時間が出来た時に、

自分が攻めていくため、

その時間をどう活用するのかを考えておいた方がいいです。


3、案件探しがマジで面倒くさい

頭を抱える男性社員


一番キツいのはこれですね。


タダでさえ経験が長いとは言えない状態で案件がなくなり、

さらに、そこにコロナの影響が乗っかってくるダブルパンチ。


割と早めに探し始めたので、

「まあ普通に見つかるだろう」と思っていましたが、

フタを開けてみたら、意外と決まらない笑


なぜなら、

コロナの影響で、

企業は予算をカットしていて、

ハイスキルなエンジニアだけを求めているから。


エージェントに紹介される案件は、


  • 〇〇を使った実務経験3年以上、5年以上

  • 基本設計から運用まで、一貫した実務経験

  • プロジェクトマネジメント経験


こんな感じで、

ある程度の経験を持っているエンジニア向けの求人ばかりになっています。


エージェントさんから多少のプッシュはあれども、

自分はまだ実務経験で言うと1年半くらいなので、

他のエンジニアと比べられると、

圧倒的不利な状態です。


今は企業さんの採用が、

これまで以上に慎重になっており、

優秀なエンジニアから先に取っていくため、

経験の浅いエンジニアはなかなか案件が決まりません。


なので、

今フリーランスエンジニアを目指している人や、

経験が浅めの人は、

この点を十分注意しておいて欲しいです。




まとめ

POINT


コロナ切りでフリーランスエンジニアの案件が終了し、

1ヵ月で感じていることをまとめます。


✅1、エンジニアとしてのスキルアップ速度が鈍化する

✅2、勉強に打ち込むか、エンジニア以外の仕事や趣味が無いと病む

✅3、案件探しがマジで面倒くさい


以上の3つです。


フリーランスエンジニアにとって、

案件が途切れるのはあまり良くないことを、

わかって頂けたかと思います。


なのでとりあえず、

案件を意地でも探しましょう。


自分で企業さんとやり取りするのが苦じゃない方は、

WantedlyやGreenというサービスで案件を探せばいいです。


反対に、

「面倒なのは嫌」という方は、

フリーランス専門エージェントを利用すればいいです。


説明するビジネスウーマン


自分も使っている、

エージェントのおすすめTOP3を載せておきますので、

案件を探したいという方は、ぜひ利用してみてください。

(>>※無料で利用できます)


【ダントツの1位】フォスターフリーランス【案件保有数5000件以上。業界20年の超老舗】

【公式】フォスターフリーランス




【僅差で2位】Midworks(ミッドワークス)【リモート案件豊富。正社員並みの保証アリ】

【公式】Midworks(ミッドワークス)




【惜しくも3位】エミリーエンジニア【4人に1人が初めてのフリーランス】

【公式】エミリーエンジニア



エージェントについては、

下記の記事で詳しく解説しています。

www.malanka.tech


www.malanka.tech






以上、


  • コロナ切りでフリーランスエンジニアの案件が終了し、1ヵ月経った感想


でした。




初めての方はこちらのオススメ記事もどうぞ


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech




【5/1更新: フリーランスエンジニアのデメリットについて、noteを書きました】


今回のコロナで、

参画していたプロジェクトが終了し、被害を受けました。


そこで、

コロナ被害を受けて感じている、

フリーランスエンジニアのデメリット【6つ】について、

noteを書きました。


下記に当てはまる人に、参考になると思います。

現在、フリーランスエンジニアとして生きている人

今からフリーランスエンジニアになろうとしている人

フリーランスエンジニアだが、コロナの影響で仕事が途絶えた人


note.com







最後までお読み頂きありがとうございました★


もしよかったらTwiiterのフォローもお願いします★