スリ飯屋Malankaのフリーエンジニアな日々

IT実務未経験から約1年、東京でフリーランスのRuby on Railsエンジニアに転職。約2年半、大阪中崎町でスリランカカレーの間借りしてました。フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、スリランカの事を発信していきます。

【クビ切り】Rubyのフリーエンジニアになって現場でやらかした失敗と得た教訓【3つ】

【クビ切り】Rubyのフリーエンジニアになって現場でやらかした失敗と得た教訓【3つ】




今すぐ登録したい方へ


このブログから登録の多いエージェントは下記の3つです★

(リンクをクリックすると公式サイトに飛びます)

【ダントツの1位】フォスターフリーランス【案件保有数5000件以上。業界20年の超老舗】

【僅差で2位】エミリーエンジニア【4人に1人が初めてのフリーランス】

【惜しくも3位】Midworks(ミッドワークス) 【リモート案件が超豊富。正社員並みの保障アリ】




こんにちは、mah(@RailsRubyMah6h)です。


このブログでは、

僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、

ノウハウなどを書いていきます。


今回は、


  • 【クビ切り】Rubyのフリーエンジニアになって現場でやらかした失敗と得た教訓【3つ】


について書いていきます。


サクッと読みたい方は「こちら」




フリーランスエンジニアの皆さんは、

こんな悩みや不安を持っていませんか?


  • 「フリーランスエンジニアになったけど、失敗多すぎてヤバい...」

  • 「やらかし過ぎて流石にクビ切られそう...」

  • 「自分だけがミスしてるのか...?」

  • 「他のフリーランスエンジニアの人は、現場で失敗してないんだろうか...」


といった感じ。




現場で失敗すると一気に不安になりますよね笑


でも安心してください。

みんな失敗しています。


今回は、

僕がフリーランスエンジニアになってから、

現在まで(1年)の間に現場でやらかした失敗を、3つ紹介します笑


ぜひ最後まで読んでいってくださいね★




【クビ切り】Rubyのフリーエンジニアになって現場でやらかした失敗と得た教訓【3つ】





失敗1: 他の人と共用のブランチに git push -f origin branch した


マージ作業をしていましたが、

かなりの量のコンフリクトがあり、

ごちゃごちゃになっていました。


それでもなんとかマージが終わり、

ある程度動作確認してから、push。




rejectされたので、

ちゃんと確認しないといけなかったのですが、

「まあいけるやろう」と魔のコマンド


$ git push -f origin branch_name


をぶっぱしました。






あれ、

やっぱここだけ動かない...




どうもマージをミスってるっぽい。




「でも-f でpushしてしまってる...マズい」




幸い、

他の人が同じブランチをlocalに持っていたのでことなきを得ました。


はーヒヤッとした...




いつもなら相談するのですが、

周りがバタバタしてたので、

ちょっと聞きづらかったんですよね...




結局、

周りの人に聞いたので、

「迷惑をかけて時間を取らせた」という最悪なパターンです笑




教訓1


マージは慎重に。「エイ、ヤー」でやらない。

聞きづらくても聞く。後で迷惑をかけるよりも100倍マシ。




失敗2: 「test環境以外」の、csrfトークンチェックを外していた


Railsで、

skip_before_action :verify_authenticity_token

というコードがあります。


これは、

リクエストが来た際の「csrfトークンチェックを外すもの」です。


基本的にあまり外すことはありません。


が、

こんなコードを残したままにしていました...

(はあ恐ろしいw)


skip_before_action :verify_authenticity_token, unless: -> { Rails.env.test? }




これだと、


  • test環境でしか、 csffトークンチェックがされない


という挙動になります。




背景としては、

なぜかtest環境が用意されていないプロジェクト(マジかよ...)で、

RSpecを実行する基盤を作るため、

インフラ担当者と調整しながら、

データベースやコードをイチから整えていました。


が、

社内独自のAPIや設定が複雑に絡み合っていて、

かなり難航。


様々な検証の一部として、

各環境でcsrfトークンを外したりしてテストしていたが、

それが残っていた。

(当然、マージ前にはレビュー依頼していたがスルーされていた...)


リリース前のステージングに上げるタイミングで気づいたので、

サービスには異常なしでしたが、

休み明けのミーティングで、

「こんなことがあった」と言われ、

相当しぼみました...笑




教訓2


書いたコードは、時間を置いて見直す。数時間後、翌日

レビュアーに、「ちょっと動くかわからないんで、この辺重点的にチェックして貰いたいです...」的なポイントを伝えておく。スルーされたら終わりです...

テストを書く(今回はそのテストの環境を作る段階なのでなんとも...)




失敗3: リリース3日前に「間に合いません」宣言


入場直後から平日も土日もフル稼働(エグすぎて血便出ました)で、

仕様もよくわからないまま、

タスクをマルっと振られましたが、

タスクのボリューム感が読めなさすぎて、

リリース3日前に、


  • 「すみませんこれちょっと間に合いません」


宣言したこと。


詳細は下記の記事をご覧ください笑

(本当にキツかった...)


www.malanka.tech




教訓3


キケンな匂いがしたらすぐに相談

事前に何をやるかをまず細分化する(そんな余裕がなくても、絶対にまず細分化!洗い出し!)

1人で任されていたので、何人かに作業を分担してもらう




まとめ


  • 【クビ切り】Rubyのフリーエンジニアになって現場でやらかした失敗と得た教訓【3つ】

をまとめます。


✅ 失敗1: 他の人と共用のブランチに git push -f origin branch した
  教訓1-1: マージは慎重に。「エイ、ヤー」でやらない。
  教訓1-2: 聞きづらくても聞く。後で迷惑をかけるよりも100倍マシ。

✅ 失敗2: 「test環境以外」の、csrfトークンチェックを外していた
  教訓2-1: 書いたコードは、時間を置いて見直す。数時間後、翌日</u><br><br>
  教訓2-2: レビュアーに、「ちょっと動くかわからないんで、この辺重点的にチェックして貰いたいです...」的なポイントを伝えておく。スルーされたら終わりです...
  教訓2-3: テストを書く

✅ 失敗3: リリース3日前に「間に合いません」宣言
  教訓3-1: キケンな匂いがしたらすぐに相談
  教訓3-2: 事前に何をやるかをまず細分化する(そんな余裕がなくても、絶対にまず細分化!洗い出し!)
  教訓3-3: 1人で任されていたので、何人かに作業を分担してもらう




振り返って見ると、


  • 「まあやらかしたなあ...w」


と言う気持ちでザワザワしましたw




しかし、

自分は今フリーランスになって2社目ですが、

上記のミスが原因でクビが切られたことはありません。

(1社目は、6ヶ月目でコロナ影響でプロジェクトが終了。今は2社目で9ヶ月目まで契約)




  • 「フリーランスとして独立したから、絶対に失敗はできない」

なんてガチガチに構えすぎる必要はないです。

(無論、失敗しないにこしたことはないですが)




失敗は、

誰もがする可能性があります。




重要なのは、

また次、同じことをしなければいいのです。




なので、


  • 「自分だけが失敗している」

  • 「フリーランスエンジニアとしてダメなやつだ」


という風に凹む必要は全くありませんよ。




もし今回の記事を読んで、


  • 「フリーランスエンジニアになってみたいな」


と思った方は、

業界約25年の信頼があって、

高単価案件も豊富な、

フォスターフリーランスを利用すると良いです。

(自分も利用していますし、このブログからも1番利用者が多いです





ちなみに、

フォスターフリーランスの支払いサイトは「30日」と、

平均的な支払いサイトなので、

支払いが遅くて困ることはありません。


そして、

フォスターフリーランスの最大の特徴は、

扱う案件の最高単価がズバ抜けているところ。


いくらだと思いますか?






なんと、、、






230万円です。




...やばすぎますよね(笑)


僕が4ヶ月稼働してやっと稼げる額です...笑


高単価を狙いたいフリーランスエンジニアには、

ぴったりのエージェントですよ★


【公式】フォスターフリーランス


www.malanka.tech


www.malanka.tech




最後に


下記の表に、

フリーランスエンジニア向けの人気エージェントをまとめてみました。


エージェント選びで悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね★





あわせて読みたい


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech




最後までお読み頂きありがとうございました★

もしよかったらTwiiterのフォローもお願いします★