スリ飯屋Malankaのフリーエンジニアな日々

IT実務未経験から約1年、東京でフリーランスのRuby on Railsエンジニアに転職。約2年半、大阪中崎町でスリランカカレーの間借りしてました。フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、スリランカの事を発信していきます。

【大失敗】1年でフリーランスエンジニアになってした後悔3つ


【大失敗】1年でフリーランスエンジニアになってした後悔3つ




今すぐ登録したい方へ


このブログから登録の多いエージェントは下記の3つです★

(リンクをクリックすると公式サイトに飛びます)

【ダントツの1位】フォスターフリーランス【案件保有数5000件以上。業界20年の超老舗】

【僅差で2位】Midworks(ミッドワークス) 【リモート案件が超豊富。正社員並みの保障アリ】

【惜しくも3位】エミリーエンジニア【4人に1人が初めてのフリーランス】




こんにちは、mah(@RailsRubyMah6h)です。


このブログでは、

僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、

ノウハウなどを書いていきます。


今回は、


  • 【大失敗】1年でフリーランスエンジニアになってした後悔3つ


について書いていきます。




僕は、

プログラミング完全未経験から、

1年でフリーランスエンジニアになりました。


1年という短い期間だったので、


  • 「後悔した...」

  • 「これは失敗したな...」


と思うことがありました。


今回はそれをシェアしていきたいと思います。




  • 「これからフリーランスエンジニアになろうと思っている」

  • 「フリーランスエンジニアに興味はあるけど、失敗はしたくない...」




こういった方のお役に立てると思いますので、

ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。




勢いだけでフリーランスエンジニアになると、

必ず後悔や大失敗を招きます。


収入がいきなり0になることもあります。

(実際僕は5月のエンジニア収入が0でした)




なので皆さんは、

僕と同じような後悔や失敗をしないよう、

この記事でしっかり準備していってくださいね。




【大失敗】1年でフリーランスエンジニアになってした後悔3つ




1. フリーランスエンジニアは、有事のときに真っ先に切られることを軽く見ていた

頭を抱える男性社員


スキル不足なら言うまでもないですが、


  • 予算がカットされる

  • サービスの利用が見込めず、プロジェクトが打ち切りになる


こんな事態になると、

経験の浅いフリーランスから真っ先に契約を解除されます。


自分も今回、

プロジェクトが打ち切りになり、

4月末で契約が終了しました。




ただ、

飲食店向けのサービスだったので、

3月の初めから、


  • 「このサービス、これからやっていけるのか...?」


とは薄々感づいていました笑




正社員なら、

よっぽどのことが無い限り、

いきなりはクビなんてことは無いです。

(今回のコロナでそうも言ってられないと思いますが)


ここに関して、


  • 「正社員なら、多少の猶予はあるだろうな...」


と感じました。




ただこれは、

フリーランスになると決める前から元々わかってたので、


  • 「フリーランスエンジニアになったことを後悔した...」


というニュアンスではなく、


  • 「案件が無くなったら、次の案件を探すの面倒だなあ...」


という感じです。




それにしても、

今回のコロナで、

フリーランスというのは打たれ弱い肩書きだなと、

改めて感じました。


歩行者、バイク、車があったとして、

フリーランスは完全に歩行者。


防護するものが何もない丸腰状態で、

常に色んなリスクに晒されている。




だからこそ、


  • 自分の身は自分で守る


という覚悟を持って、

リスクを回避しないといけない。




「フリーランスエンジニアになったことを後悔しないように、

エンジニアとしてのスキルアップや、

色んな収入源を作る努力をし続けよう」


そう心が引き締まる、

良いきっかけになりましたね。




2. 短期的な月収UPに惑わされた感がある

札束を持つ子供


  • 「フリーランスエンジニアになれば、正社員として働くより単価が上がる」

よく言われるセールストークですよね。


これは事実です。




が、案件が途切れたら話は別。


案件が途切れたら、

正社員の方が収入は上になる可能性は大きいです。


案件が途切れる可能性も考慮できていないと、

フリーランスエンジニアになってから後悔します。




今回リアルで感じてみて、


  • 「雇われてるだけで収入入ってくる正社員って、何て安全なんだ笑」


と思いましたね(笑)




ただ、

大きな違いというか、

自分がフリーランスになった理由として、


  • 1つの会社に属する必要が無いと思ってる

  • 短期間で大きく稼げる

  • 自分を1つの型にはめ込まず、自分が持つ色んな個性で稼ぐことが出来る


こういうものがありました。




例えば、

100万円稼ごうと思ったときに、

フリーランスエンジニアと正社員にはこんな違いがあります。


  • フリーランスエンジニア

    • => 月50万の案件を2ヵ月受けることができれば、2ヵ月で稼げる


  • 正社員

    • => 月25万の給料で4ヵ月 => 月20万の給料で5ヵ月もかかる


このように、最大で3ヵ月も変わるんです。


正社員なら5ヵ月かかるものを、

2ヵ月でやれるというのはすごく魅力的。


もし100万を稼いだら一旦OKと考えた場合、

フリーランスなら3ヵ月案件を受けずに、


  • 別の仕事に注力し、他の収入源を伸ばす

  • 自分の特技を磨く時間にする


こういうことが可能です。




ただ、

フリーランスエンジニアに向いていない人の特徴として、


  • 常に仕事がないと不安で焦っちゃう

  • プログラマーとしての型にハマっており、他の働き方を考えられない

  • 自分で新たな価値を提供しようと思わない


こういう人は、

フリーランスをやるのは長続きしないですし、

きっと後悔するのでやめた方がいいですね。




3. フリーランスエンジニアは、経験年数が浅かったりスキル不足だと、案件を探すのが大変

落ち込んで三角座りをするビジネスマン


フリーランスエンジニアを続ける上で、

ダントツで面倒くさいのが、案件探し。


今、6月からの案件を探していますが、

コロナという未曾有の危機も重なり、

案件探しがとても面倒くさいことになってます。


実務経験が1年半ほどなのも重なってる感じがするので、


  • 「1年は早かったかな?」

  • 「もう少し正社員で経験積んでてもよかったか...?」


と、

若干の後悔はよぎりましたね...




一応、

案件を獲得する方法としては下記のようなものがあります。


  • SNSやwebで直営業をする

  • 知人友人のコネで紹介してもらう

  • 自分でWebサービスを立ち上げる


など。




ですが、

どれもそれなりのエネルギーを使います。


Webサービスはそれなりに認知度が無いとまず伸びないです。


コネや直営業も、

みんながみんな、バリバリ営業できる性格ではないし、

これまでに経験や人脈を培って来ていないとすぐには難しい。


経験の浅いフリーランスエンジニアにとって、

案件を見つけるということは、

割とハードルが高いことなのです。




そもそも、

世の中たくさんある企業から、

自分にマッチした案件を個人で探すのは相当骨が折れること。




なので、

コネや営業力に自信のない人は、

これらを代行してくれる、フリーランス専門エージェントを利用する必要があるんです。


説明するビジネスウーマン


当然、

10%〜20%程度の手数料を払う場合はありますが、

面倒なやりとりや手続きを全てやってくれるので、その対価としては十分。


こうすれば、スキルUPや他の仕事に思いっきり時間を使うことが出来ます。


なので、

コネや営業力に自信のない人は、

フリーランス専門エージェントの登録が必須です。




ちなみに、

エージェントは複数登録しておくと、交渉で優位に立つことができます。


なぜなら、

エージェントの間で獲得競争がスタートするので、

各エージェントの営業に気合いが入るし、

こちらとしても、


  • 「〇〇というエージェントさんの方が、案件の内容がいい、単価が高い」


という風に、

交渉材料ができるからです。




経験の少ないエンジニアが優位に立つため、

複数のエージェントに登録して、

交渉のカードを用意するのはとても大事です。


Withコロナ時代でも、

案件を多く紹介してくれるエージェントさんがあるので、

利用してみてください。


自分は、リアルタイムで下記3つのエージェントで案件を探しています。

(>>どれも無料で利用出来ます)


1. フォスターフリーランス【案件保有数5000件以上。業界20年の超老舗】

【公式】フォスターフリーランス


2. Midworks(ミッドワークス) 【リモート案件が超豊富。正社員並みの保障アリ】

【公式】Midworks(ミッドワークス)


3. エミリーエンジニア【4人に1人が初めてのフリーランス】

【公式】エミリーエンジニア




エージェントについては、下記の記事でも詳しく解説しています。


www.malanka.tech




4. 【8/16 追記】後悔せずにすんだこと

f:id:mah666hhh:20200309191218j:plain


追記です。


「後悔せずにすんだこと」


それは、


  • 「会社員を辞める前に、投資用マンションを2つ購入して不動産投資を始めたこと」


です。




僕は、

知らない人はいない超安定大企業に、

10年半勤めていました。


  • 「プログラミングを勉強してフリーランスのエンジニアになる」

と決意し、

その会社を辞めたわけですが、

当時、

不動産投資に興味があったので色々と調べていました。




そして、

会社を辞めると決めてからは、

さらに不動産投資・不労所得への関心が高まり、


  • 「会社員の時に融資を受けておかないと、フリーランスになってからでは非常に厳しそうだ」

  • 「投資用マンションを買うなら今の内だな」

  • 「このタイミングを逃せばきっと後悔する」


という結論に。


そして、

会社を辞める前に投資用マンションを購入したのです。


  • 買った物件その1

f:id:mah666hhh:20200816131821p:plain


  • 買った物件その2

f:id:mah666hhh:20200816131844p:plain




結構な大企業だったので融資の額が大きく、

結果的に「2件」買えました。




この選択が成功なのか失敗なのか、

今はまだわかりませんが、

現状としては、

「毎月数万円の不労所得」を得ることができています。




そして、

今回の投資用マンション購入でお世話になったのが、

上場企業のGA technologiesさん。


GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)は、

AIを活用した中古不動産の総合プラットフォームを開発・運営する会社です。


f:id:mah666hhh:20200802184727p:plain




僕がGA technologiesさんで投資用マンションを購入した決め手は、


  • とある黄金ルールによって、「AI」が投資用マンションを選別している


から。




担当の営業さんによると、

不動産投資に失敗する原因はほぼ、

物件の選定ミスとのこと。


GA technologiesさんが販売する投資用マンションは、

そこのリスクをAIが担保しているわけです。


f:id:mah666hhh:20200816134055p:plain




GA technologiesへの資料請求は無料で、

しかも今なら、

資料請求するだけで「Amazonギフト券10000円分」が必ずもらえます。

おトクですよ。


f:id:mah666hhh:20200816134135p:plain


  • 「エンジニアとしての給料だけでなく、複数の収入源が欲しい!」

  • 「年金もあてにならないし、将来のために資産を構築しておきたい!」

  • 「とにかく不労所得が欲しい!」


こういった方はぜひ、

GA technologiesさんに資料請求すると良いです。


無料でGA technologiesに資料請求


投資は、

早く始めて時間を味方につけた人が常に有利な世界。


ウダウダ迷っている時間がもったいないですよ。


後悔しないように、

チャンスは今この瞬間に掴みましょう。


GA technologiesさんと不動産投資については、

下記の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。


www.malanka.tech






【結論】それでも100%フリーランスエンジニアになってよかった

空を見上げるオフィス街のビジネスマン


僕が1年でフリーランスエンジニアになってした後悔について、

3つ書きました。


後悔した瞬間が無いと言えばウソになりますが、

それでも自分は、

フリーランスエンジニアになってよかったなと、100%思っています。




フリーランスというものが実際どういう感じなのか、

身をもって確かめることが出来たし、

人に依存せず、

強い自分で生きていこうという意志が確固たるものになったから。




何より、


  • 「自分が努力すれば、収入は上がる」

  • 「突き詰めれば生きていける」


と、確信を持ったからです。




コロナで厳しい状況が続きますが、

この中で歩む過程が自分を成長させてくれると思っています。




もし僕と同じように、


  • 「経験は浅くとも、フリーランスエンジニアとしてチャレンジしてみたい!」

  • 「失敗してもいいから、とにかくやってみたい!」


という方は、

エージェントを上手く使って、

一度しかない人生、

後悔のないようにチャレンジしてみてください。




まとめ

握手をするビジネスウーマン


フリーランスエンジニアを目指すなら、

絶対に登録すべきエージェントTOP3社を掲載しておきます。


1. フォスターフリーランス【案件保有数5000件以上。業界20年の超老舗】

【公式】フォスターフリーランス


2. Midworks(ミッドワークス) 【リモート案件が超豊富。正社員並みの保障アリ】

【公式】Midworks(ミッドワークス)


3. エミリーエンジニア【4人に1人が初めてのフリーランス】

【公式】エミリーエンジニア


(>>※どれも無料で利用できます)






以上、


  • 【大失敗】1年でフリーランスエンジニアになってした後悔3つ


でした。




最後に


下記の表に、

フリーランスエンジニア向けの人気エージェントをまとめてみました。


エージェント選びで悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね★





あわせて読みたい


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech


www.malanka.tech




【5/1更新: フリーランスエンジニアのデメリットについて、noteを書きました】


今回のコロナで、

参画していたプロジェクトが終了し、被害を受けました。


そこで、

コロナ被害を受けて感じている、

フリーランスエンジニアのデメリット【6つ】について、

noteを書きました。


下記に当てはまる人に、参考になると思います。

現在、フリーランスエンジニアとして生きている人

今からフリーランスエンジニアになろうとしている人

フリーランスエンジニアだが、コロナの影響で仕事が途絶えた人


note.com




最後までお読み頂きありがとうございました★

もしよかったらTwiiterのフォローもお願いします★