スリ飯屋Malankaのフリーエンジニアな日々

IT実務未経験から約1年、東京でフリーランスのRuby on Railsエンジニアに転職。約2年半、大阪中崎町でスリランカカレーの間借りしてました。フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、スリランカの事を発信していきます。

あなたが複数のプログラミング言語を学習すべきでない4つの理由

あなたが複数のプログラミング言語を学習すべきでない4つの理由





生存率を10倍にしたい、駆け出しエンジニアの方へ


このブログからよく購入されている、

駆け出しエンジニアのマインドセットができるnote2点です↓↓↓

note.com


note.com





こんにちは、mah(@RailsRubyMah6h)です。


このブログでは、

僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、

ノウハウなどを書いていきます。


今回は、


  • あなたが複数のプログラミング言語を学習すべきでない4つの理由


について書いていきます。




複数のプログラミング言語をいきなりやろうとするのは、

自分の場合、

全然ムリでした笑


なぜなら、

何もかもが中途半端になって自信を喪失するからです...




なのでまずは、


  • 何らかの結果や形になるまで(ポートフォリオなり転職が出来るなり)、1つの言語に集中した方がいい


という結論に至りました。


今プログラミング学習をしていて、


  • 「色んな言語、スキルを身に付けたいけど、どうしたらいいのかな...」

  • 「RubyもJavaScriptもAWSも同時に勉強してるけど、これでいいのだろうか...」


といった悩みを持っている方は、

この記事を読めばスッキリできると思います。




あなたが複数のプログラミング言語を学習すべきでない4つの理由




1. スキルが浅いレベルのものばかりになってしまう


経験の浅いうちから、

あちこちに手を出していると、

1つ1つのスキルに深みがなくなり、

応用が効かなくなります。


応用が効かないと、

現場に入っても、実装が出来ず、苦労することになります。


焦らずとも、

プログラミング言語は、

1つの言語をある程度突き詰めて行くと、

他の言語にも考え方を当てはめながら、

応用していくことが出来るようになります。


書き方のお作法に違いはあれど、

イメージさえついていれば、

すぐに身に付けていくことが出来ます。


なので、

初めからあれこれ手を出すのではなく、


  • 「これ!」


と決めた言語に一点集中しましょう。


広げるのは、

ある程度1つの言語が出来るようになってから。


それで全く遅くありません。


下記のnoteで、

こういった考え方を整える方法を紹介しています。

note.com




2. IT企業との面談で、マイナスイメージになってしまう


  • 「あなたの強みは何ですか?」

IT企業との面談で絶対に聞かれます。


この質問が飛んできたときに、

  • 「経験はまだまだ浅いですが、Rubyでの自走力には自信があります。」

  • 「RubyやPHP、ReactやGOにも関心があって、、、」

こういった人がいたとして、

どちらが信頼出来そうでしょうか?


もちろん、経験が長くて、スキルが高い人なら別です。


でも、実務経験1年も無い状態でそれをやってしまうと、

  • 「あれこれやりたいだけの人なんだな」

というレッテルを貼られてしまい、逆効果です。


なので、


  • 「自分は〇〇なら自信があります。〇〇で、御社に貢献します」


と、自信を持って力強く言えるよう、一つの言語にフォーカスしましょう。


まずは、自分の武器を一つ完成させることに集中です。




3. 「一つのことをやり続ける」という、継続力が身に付かない


つまみ食い精神では、身に付くものも身に付きません。


ある程度の時間をかけて、

集中して、定着させるから、

スキルが身に付いていく。


一つのことをやり続けると、

スキルの向上に繋がるのはもちろんですが、

  • 継続するための習慣作り

の役目も担っています。


プログラミング学習で大事なのは、

広く浅くより、深く狭くです。


ITエンジニア不足とはいえ、

代えが効くような、浅いレベルのスキルでは、

仕事はなかなか獲得出来ません。


自分のスキルに深さを出すために、

  • 「一つのことをやり続ける」

ということを忘れないようにしましょう。




4. 一つのことすら成し遂げられないので、自信がつかない


自信というのは、

日々の小さな成功の積み重ねでしかつきません。


地味だけど毎日コツコツ努力して、

ひたすら努力して、

そうすると、


  • 「これに関しては周りに負けない」

  • 「これなら自分はやれるはず。こだわってやってきた」


こういう自信が生まれてきます。


フラフラしている人にはまず訪れない感覚です。


  • ただただ、一つ一つ、小さな成功を積み重ねる。

  • わき目も振らず、一つのことに没頭する。


これが出来る人が自信をつけていき、

スキルのあるプログラマーになっていくことが出来ます。






以上、


  • あなたが複数のプログラミング言語を学習すべきでない4つの理由


についてでした。




あわせて読みたい


www.malanka.tech


www.malanka.tech




最後までお読み頂きありがとうございました★

もしよかったらTwiiterのフォローもお願いします★