スリ飯屋Malankaのフリーエンジニアな日々

IT実務未経験から約1年、東京でフリーランスのRuby on Railsエンジニアに転職。約2年半、大阪中崎町でスリランカカレーの間借りしてました。フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、スリランカの事を発信していきます。

Googleタグマネージャーのイベントが、アナリティクスに反映されない原因

Googleタグマネージャーのイベントが、アナリティクスに反映されない原因


こんにちは、mah(@RailsRubyMah6h)です。


このブログでは、僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、ノウハウなどを書いていきます。

今回は、

  • Googleタグマネージャーのイベントが、アナリティクスに反映されない原因

についてです。

Googleタグマネージャー(GTM)で、

  • 特定のIDやClassを持つ要素がクリックされた回数

を取得しようとしたのですが、結構ハマったので備忘録に残しておきます。

起こっていたこと

  • GTMのプレビュー機能で、クリックイベントが発火しない

  • そのため、アナリティクスにも反映されず計測が出来ない

ということが起こっていました。

原因

GTMのトリガーの設定で、

  • 一部のクリックを選択

  • Click Element CSSセレクタに一致する

などの設定をしていました。

f:id:mah666hhh:20200304084735p:plain

が、これは間違いでした...

解決策

全てのクリック を選択すれば良いだけでした...

f:id:mah666hhh:20200304084613p:plain

全てのクリックに変更すると、プレビューモードでイベントが発火し、アナリティクスにもリアルタイムで反映されるようになりました。

どの要素がクリックされたかどうかを出力する方法

  • タグマネージャーのコンテナトップページ > タグ > タグの名前 > タグの設定から、

アクションやラベルに、

  • {{Click ID}}

  • {{Click Classes}}

を指定することで、GTMやアナリティクスに、

クリックされた要素のIDやClassを出力させることが出来ます。

f:id:mah666hhh:20200304085535p:plain

プレビューモードで、イベントが発火しているかどうかを確認する方法

プレビュー画面下部 > TagsのSummary

を見ればわかります。

例: クリックイベントが発火しているとき

Tags Fired On This Pageに表示されています。

f:id:mah666hhh:20200304084557p:plain

例: クリックイベントが発火していないとき

Tags Not Fired On This Pageに表示されたままです。

f:id:mah666hhh:20200304084553p:plain

クリックなどのイベントを発生させても、Tags Fired On This Page に表示されない時は、何らかの設定ミスが考えられます。

タグやトリガーの設定を見直しましょう。


以上、

  • Googleタグマネージャーのイベントが、アナリティクスに反映されない原因

でした。

タグマネージャーやアナリティクスは今まで使ってこなかったので、わからないことだらけです笑

ですが、より良いサービス作りに計測は必須だと思うので、地道に勉強していきます。


このブログでは、僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、ノウハウなどを書いています。

  • フリーランスに興味がある

  • 今まさに活動している

という方は、下記の記事で、

  • 【実体験】高卒文系が1年でRailsのフリーエンジニアになった話

  • 【好印象】フリーエンジニアのスキルシートの書き方5つのポイント

  • 【週3案件豊富 正社員並の保証】フリーランスエージェント**Midworks**を使ってみた感想

を紹介していますので、よかったらチェックしてみてください。

www.malanka.tech

www.malanka.tech

www.malanka.tech

最後までお読み頂きありがとうございました★