スリ飯屋Malankaのフリーエンジニアな日々

IT実務未経験から約1年、東京でフリーランスのRuby on Railsエンジニアに転職。約2年半、大阪中崎町でスリランカカレーの間借りしてました。フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、スリランカの事を発信していきます。

【プログラミング】フリーエンジニアのやり甲斐ってどうなの?【稼げる?】

【プログラミング】フリーエンジニアのやり甲斐ってどうなの?【稼げる?】


こんにちは、mah(@RailsRubyMah6h)です。


このブログでは、

僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、

ノウハウなどを書いていきます。


今回は、

最近よく聞く【フリーエンジニア】の、やり甲斐についてです。


フリーエンジニアとは、


  • 会社に雇われず、案件単位で仕事を受け、成果物を納めて報酬を得るエンジニア


のこと。


昨今、

このフリーエンジニアが急速に増えてきていています。


なぜ増えているかと言うと、

下記のものが全て手に入るからです。


  • 時間や場所に縛られない、自由な働き方

  • 満員電車とさようなら

  • 週1〜4勤務やリモートワーク

  • 高収入


こんな感じ。


しかも、IT業界経験ゼロからでも可能です。(自分が全くの未経験でした)


これが全部手に入るなら最高ですよね。笑


でも、どんなに条件がいい仕事も、やり甲斐がなければ続きません。


なので今回は、


  • 実際、フリーエンジニアのやり甲斐ってどうなのか?


という所について説明していきます。




【プログラミング】フリーエンジニアのやり甲斐ってどうなの?【稼げる?】


順番に説明していきます。




1. 自分の得意分野を活かせる

JavaScript、Ruby、PHP、GO、Python、Javaなど、プログラミング言語は様々。

全部を覚えられるに越したことはないですが、それはなかなか難しい。

でも、どれか1つに特化して学習すれば、それが得意分野になり、案件を取れるようになります。

実際自分は、

Ruby及びRuby on Railsに特化して学習し、IT業界経験ゼロから、半年で大阪のweb系IT企業に就職できました。

そしてその半年後に、東京でフリーエンジニアになることが出来ました。

自分は今フリーエンジニアになって5ヵ月目ですが、現在もRubyで案件をこなしています。

なので、

  • 初めは色々と手を出さず、

  • 1つでいいので、

  • 自分の得意分野とする言語を見つけて、

  • それを武器に案件を獲得していく。

という方法を取り、

  • まずは自分の得意分野を作ること

をおすすめします。

2. 自分で案件を選べるから、本当にやりたい仕事が出来る

会社に勤めていると、

  • 上司から押し付けられる雑用

  • つまらないエクセルやパワポ作成

  • 終業時間前に降ってくるクレーム対応

といった、誰でも出来るような、全くやり甲斐のないストレスの溜まる仕事が多いですよね...

しかも酷いのが、

  • それをやった所で自分のスキルは対して上がらない

ということ。

そして、スキルが上がらないということはつまり、

  • 人生が良くなっていかない

ということです。

こんな恐ろしい事実があるにも関わらず、以前の自分も含め、我慢し続けている会社員の人達は本当に多いです...

今の時代、誰でも出来るような仕事は、AIに容赦無く奪い取られていきます。

こういう時代だからこそ、

  • 自分のやりたい仕事をやる

  • 代えが効きづらい、専門性の高いスキルを身に付ける

ということがますます重要になってきます。

3. やったことが全て自身のスキルUPに繋がる

フリーエンジニアは、今やっている仕事そのものが、自身のスキルUPに直結します。

例えば、

  • 〇〇という技術を使って、△△という機能を実装した

  • □□な業務フローを、◇◇で自動化した

  • ●●を導入して、◼️◼️にかかっている時間が90%削減出来た

という感じ。

さらに、今やっていることをそのまま経歴書に書くことが出来るので、

  • やりたいことをやっているだけで、スキルが自動的に上がっていく

  • スキルが上がるので、レベルの高い案件へステップアップ出来る

というチートゾーンに入ることが出来ます。

4. スキルが上がれば上がるほど、高単価の案件を取りにいける

  • スキルが上がれば当然、取れる案件のレベルが上がり、

  • 取れる案件のレベルが上がれば当然、単価も上がる。

つまり、

  • 時間の経過と共に、スキルも収入も上がっていく。

ということ。

経済的にも精神的にも無敵ですよ。

この点に関しては会社員以上に安定していると言えます。

5. 高単価の案件で稼いだら、少し休みを取ってリフレッシュ出来る

フリーエンジニアは、1ヵ月や3ヵ月、半年、1年、といったスパンで仕事を受けることが多いので、

  • 「この案件を3ヵ月頑張って、そのあとは1ヵ月海外旅行でも行ってそれからまた案件を探そう」

みたいなことが普通に出来ます。

もちろん、確かなスキルや信用があればの話ですが。笑

そのためには、目の前の案件で最大の成果を出すことが必須。

そうすれば、案件をくれているクライアントから信頼を得られて、

  • 「是非ともあなたに案件をお任せしたい」

という風に思ってもらうことが出来ます。

フリーランスは会社員と違って後ろ盾がないので、自分自身の信用だけが頼り。

自由な働き方をものにするためにも、日頃から信用第一で案件に取り組みましょう。


以上、フリーエンジニアのやり甲斐についてでした。

少しでも、

  • 「フリーエンジニアって、やり甲斐も収入も手に入れられるんだな」

という点が伝われば嬉しいです。

もしフリーエンジニアになりたいと思っている方は、まずはエージェントを利用すると良いです。

  • 案件獲得のための営業

  • 案件参画後のアフターフォロー

  • その他正社員並みの福利厚生、独自のサービス

など、手厚くサポートしてくれます。

おすすめのエージェントは以下の2つ。

自分も利用しています。

とりあえず登録しておくと良いです。

Midworksに話を聞きに行ってみる

エミリーエンジニアに話を聞きに行ってみる

参考までに、2つのエージェントさんについてまとめた記事も貼っておきます。

Midworks

www.malanka.tech

エミリーエンジニア

www.malanka.tech


このブログでは、僕がIT未経験から約1年でフリーランスエンジニアになるまでの過程、ノウハウなどを書いています。

  • フリーエンジニアに興味がある

  • 今まさに活動している

という方は、下記の記事で、

  • 【実体験】高卒文系が1年でRailsのフリーエンジニアになった話

  • 【好印象】フリーエンジニアのスキルシートの書き方5つのポイント

を紹介していますので、よかったらチェックしてみてください。

www.malanka.tech

www.malanka.tech

最後までお読み頂きありがとうございました★

Midworksに話を聞きに行ってみる

エミリーエンジニアに話を聞きに行ってみる