スリ飯屋Malankaのフリーエンジニアな日々

IT実務未経験から約1年、東京でフリーランスのRuby on Railsエンジニアに転職。約2年半、大阪中崎町でスリランカカレーの間借りしてました。フリーランスエンジニアになるためのノウハウ、スリランカの事を発信していきます。

【git revert】マージ済みのコミットを取り消ししたい

【git revert】マージ済みのコミットを取り消ししたい

手順

1、 git logなどで、取り消ししたいコミットNoを特定する。

2、 revert実行。

$ git revert 対象のコミットNo

以下のエラーが返って来たら、

error: commit 16f46cdcdcf2c16136eb501d7d757f28eaeba60f is a merge but no -m option was given.
fatal: revert failed

-mオプションと 1 をつけて再度実行。

$ git revert -m 1 16f46cdcdcf2c16136eb501d7d757f28eaeba60f

実行できたらエディタが開き、revertのコミットメッセージを入力出来るので入力します。

入力したら : を押して、wq で保存終了。

3、 差分を確認する。

$ git show

で、revertで取り消しした差分が出るので確認する。

4、 問題なければrevertした結果をコミットする。

5、 pushする。

6、 リモートに反映されているかどうか確認してrevert終了です。

以下の記事を参考にしました。

GitでMerge CommitをRevertする方法 - Qiita